投稿キャンペーン

suichion

suichion.exblog.jp

あめが喉に詰まった!

先日冷や汗ものの事件がありました。
普通に飴をなめていた上娘(5歳)が、突然私の顔を見て、口をパクパク。
私がへっ?なに?と思った瞬間、声も出せないで、苦しそうに顔を歪ませる娘・・・
「飴だ 詰まった!」 咄嗟にわかって、背中をバンバン10回くらい叩いたけど、出ず。
逆さにだっこして更に背中を叩く事10回以上、まだでない!やばい!
顔色はまだ大丈夫。前かがみにさせ、更に背中を数回叩く。
ちょっと泣き声がもれてきた。少し空気の通り道ができた感じ。
「吐きなさい!おえってしなさい!」 と言いつつまた背中を5~6回叩くと、飴がポロリ。
出た~~~~!よかったぁ~ 出た飴は直径1センチ程のものでした。
私は手の震えが治まらなくて、30分くらい放心状態だったけど、娘はすぐにショックから回復して、何事もなかったように笑ったり、遊んだりしてました。 
子供ってすごい。

面倒だなあと思いつつも、救急処置の講習受けといてよかった。 
同じ部屋にいて、すぐに気づけたからよかった。
飴が出てきて本当によかった~。
■  [PR]
Commented by per-te at 2007-09-18 07:45
suiちゃんて、suiちゃんて!救急処置の講習まで受けてるの?!
とっても奥深いsuiちゃんの経歴に(海外歴訪経験とか)興味深々*

でも、こういうとき何も出来ずにいたら後悔しか残らないけれど、
きちんと対処出来るたくましいお母さん、素敵です!
本当によかったね…(;_;)
Commented by sui-chion at 2007-09-19 13:40
講習は幼稚園の父母会で、開いてくれたものなんだ。
ビシバシ実技指導+AEDの操作なんかも教えてもらったの。
私はただの小市民だよ。
元気に遊ぶ娘を眺めながら、もしあの時出なかったら今こうしていられなかったなぁと思ったりして。 これからはもっと気をつけなきゃ。

私もlinoちゃんのイタリア留学経験に興味あり*
観光ではなくて住んでみて解かるイタリアのこと、linoちゃんは沢山知ってるんだろうな~






 




 
Commented by puku-pukulife at 2007-09-22 00:59
きゃ~~っ!! ><
↑読んで胸がくるしくなったよ;-;
飴でてきてよかったね。

救急処置の講習うけていてほんとよかったね。
でなきゃ、一刻をあらそうことだもんね。
もしあの時・・・って思うとこわいけど・・・

母、強し!!

飴は気をつけなきゃね。
ビシバシね、勉強になりましたm(_ _)m
Commented by sui-chion at 2007-09-23 23:11
mukuちゃん~ありがとう。
体調良くなってよかった。 どうか無理はしないでね(^-^)

この一件以来、飴恐怖症の親子になってるの。
ネットで検索してみたらね、同じ経験されている人がいたよ。大きいまん丸の飴はつまることがあるみたい。 迂闊だったよ~

救急法といっても、この場合は、「子供を逆さにして左右の肩甲骨の間を手のひらで叩く」だけなの。 子供の場合は、これしか術がないんだって。
かなり強くバンバン叩いたけどなかなか出てこなくて、あまりの緊迫で私が気絶しそうだったよ。
思いっきり反省+勉強になった一件でした。
Commented by komorika at 2007-10-05 21:22
なにが起こるかわからない!こわーい・・・
お年寄りがお餅やコンニャクゼリーつまらせたりするのも
怖いけど!
なんでも身に付けておくことって大切ですね。
「使わないだろう」なんておもうことも、なーにかしら役にたちそうだし。
冷静に対処されてすごいです!
Commented by sui-chion at 2007-10-08 21:07
たった今、rika さんとこから帰ってきたところにコメント発見!!
ありがとうございます~。
ペンダントライトに薔薇がライトアップされて素敵。
ろうそくの炎みたいにやさしく照らしてくれそうな感じがしました。
 ウチは、四畳半に布団を敷き詰めて、ほとんど雑魚寝状態(!)なので
憧れてしまう~

それにしても、勉強しておかなかったら本当にやばかった今回の一件でした。 つまった時ね、最初は冷静だったんだけど、1分2分と時間が経つに連れて、アドレナリン大放出(私が)死にそうでした。
今思い出してもドキドキしちゃうよ~  もうこんにゃくゼリーも怖くて食べられなかったりして。 
Commented by さやぽん at 2011-12-13 17:34 x
その経験わたしが4歳ぐらいのときに
まったく同じ経験しました。。。
母や父に聞いた話ですと
母が私にいちごミルク飴をたべさせたところ
急に私が動かなくなったようでした。
それに父はきずいて
すぐさま私を逆さにしました。
そしたらぽろっと・・・。
私はびびって動けなかったようです。
 
そしてあれから9年がたった今
学校の帰りに飴をなめていたら(パいん飴)
急にのみこんじゃいまして
急いでせきをしてもっとれず
友だちも焦ってお茶をくれました。
死ぬかと思いました。
いまだに喉に違和感がある今。
あのころは恵まれてたなぁと
思うこの頃です。
Commented by sui-chion at 2012-01-12 19:22
さやぽんさん
 読んでくれてありがとう!
周りに聞いてみると、飴の誤飲経験者が結構いてびっくり。
私はつるんと飲み込んじゃった経験はあるのだけど、詰まった経験はなくて。
胃のほうに落ちればいいんだけど、気管に入り込むと一刻を争う事態になるから、冷や汗もんでした^^;
ちなみに、小学生くらいになったら、横隔膜圧迫法なんかも有効らしいよ。

飴、無事にとれてよかったね^^



by sui-chion | 2007-09-18 01:16 | diary | Comments(8)